ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2012年3月の記事

アーカイブ:  2012年3月の記事

タイトル:  福王子の家、上棟しました。

福王子の家、上棟しました。予算の都合上、久々のプレカットです。材料は府内産のスギ材。これはいつもそうです。
長期優良住宅で補助金を受けるべく、すすめております。私の中ではかなりプロトタイプに近い設計で進めたものです。完成時には見学会もするので、楽しみにしていてください。ブログ1.jpgブログ2.jpgほぼ正方形の2階建に玄関・トイレなど下屋がついているシンプルな計画です。風致地区なので、瓦屋根です。

タイトル:  樫原コーポ 例会をしました

先週日曜日にほっこりサロン樫原で樫原コーポの例会を行いました。

事前に行ったコーポ計画のアンケートについて話し合いました。住み方のイメージとして、風通しのよい部屋、子どもの成長に対応できる間取りなど、採用したい設備は薪ストーブ、太陽光パネルなどなど。みんなで犬を飼いたい、カーシェアリングしたい、といろんな夢がたくさんでました。
建設組合準備会は全部で6世帯となり、引き続き樫原コーポに住む仲間を募集しています!次回の例会は4月15日1時半~ほっこりサロンで行う予定です。参加希望の方は下記連絡先まで事前に申し込みください。

樫原コーポラティブハウスの検討中の計画概要≫コチラ

樫原コーポ建設組合準備会
事務局 企業組合もえぎ設計 担当 佐々木
京都市右京区宇多野福王子町54 TEL 075-463-1120 FAX 075-463-2733

20120318_1.jpg

タイトル:  向日市の家、竣工パーティーに呼んでいただきました。

向日市の家、竣工パーティーに呼んでいただきました。各職人さんたちと私たちもえぎ設計の2人、お施主さま家族、たくさんのお料理とお酒で、にぎわいました。こうして住まれているところに呼んでいただけるというのは,実にうれしい限りです。他人の家ですが実に居心地がいいです。我ながらこんな家に住んでみたいものです。ブログ3.19-1.jpgブログ3.19-2.jpg職人さんも実にいい顔をしています。

タイトル:  園部の家、上棟しました。

園部の家、上棟しました。基礎だけ見ると、意外に小さいかな、と思える建物も、やはり軸組が立ち上がると、なかなかに大きいです。ちょっと郊外の住宅地なので、敷地に余裕があって、気持ちいい暮らしが想像できます。やっぱり立ち上がるといいもんです。20120315写真1.jpg最後まで見ていないので、途中の写真ですが、この後、この上に登り梁がかかります。

タイトル:  洛西保育園 竣工しました

洛西保育園の改装工事が外構工事を含めてほぼ終わりました。乳児棟(都和のはなの一部≫事例のページ)の新築からはじまり、幼児の保育室、図書室、事務室などの改装を含めて1年半。音や通路などで長い間ご迷惑をおかけしました。卒園式を新しい園舎で迎えられることになり一同ほっとしています。

20120314_1.jpg
<改装前>厨房の勝手口


20120314_2.jpg
<改装後>玄関 玄関や厨房の位置を変えました。


20120314_3.jpg
玄関戸から乳児棟へのアプローチをみる


20120314_4.jpg
<改装前>園庭


20120314_5.jpg
<改装後>園庭 クスノキはやむなく伐採することになり、切り株をベンチにました。遊具の移設や撤去をし、より広く使えるようにしました。

20120314_6.jpg
<改装前>ホール 


20120314_7.jpg
<改装後>ホール 屋外階段とその下の倉庫を撤去し、さんさんと光が射します。食堂としても使われます。


20120314_8.jpg
<改装前>図書室


20120314_9.jpg
<改装後>図書室 以前の位置から変わってませんが、大きさを広げ、一部の壁に板貼をしました。


20120314_12.jpg
<改装前>事務室


20120314_13.jpg
<改装後>事務室 園庭、ホール、玄関が見渡せる位置へ変えました。

タイトル:  バイバイ原発3.10きょうと に行ってきました

バイバイ原発3.10きょうと に行ってきました。参加者はおよそ6000人。丸山音楽堂で行われた集会には入りきれないほどの人が集まりました。その後市役所まで脱原発を訴えながらデモ行進をしました。牛の着ぐるみや法華の太鼓、歌あり踊りあり、歩道から参加する人もいてそれはそれは圧巻でした。
20120313.JPG

タイトル:  集まってつくる安心の住まい研究会

集まってつくる安心の住まい研究会を月に1回行っています。
そもそも研究会のきっかけは京都市内で里親をやっておられる柴田さんのつぶやきからはじまりました。それが約5年前。(参照ページ≫コチラ

「これからの人生も自分らしく生きていきたい。
高齢になっても、健康で生きがいをもち、活き活きとした暮らしがしたい。」

時間をかけ話し合い、高齢者のための住まいのこれからとしてグループリビングにたどりつきました。
実際に建っている神奈川県COCO湘南台を見学をしに行き、グループリビングのよさを実感し、京都で私たちがやるならどんな形がよいのかイメージをふくらませてきました。

少しづつですが、本気でつくりたい人、応援したい人が徐々に参加者のつながりで研究会の参加者が増えてきています。しかし、どのような方法で実現できるかまだ話し合いの段階です。

入居を考えられている高齢者、
社会的意義のある高齢者の共同の住まいづくりに興味をもってくださる地主さん、
京都市では先駆けとなる社会的地域資産づくりに興味をもってくださる企業や団体のみなさま、

私たちの住まいづくりに参加しませんか?

興味のある方は下記までご連絡ください。

事務局
企業組合もえぎ設計
TEL 075-463-1120 FAX 075-463-2733

株式会社コープサービス
TEL 075-682-5760 FAX 075-682-2691

20120308_1.JPG
20120308_2.JPG

タイトル:  みつばち菜の花保育園 竣工しました

みつばち菜の花保育園が竣工しました。

20120306_1.jpg
南から外観をみる

20120306_2.jpg
南の園庭に面する奥行のあるテラス

20120306_3.jpg
玄関

20120306_4.jpg
建物の中心にあるホール 保育室として使います

20120306_5.jpg
乳児保育室

20120306_6.jpg
便所

20120306_7.jpg
厨房 2つの部屋に面してカウンターがあります

20120306_9.jpg
2階より南側の公園をみる

外構は保護者の方が工事される予定です。植栽がどのようにできていくのか楽しみです。

タイトル:  事例紹介ページ(保育園)を更新しました

事例紹介ページ、保育園の新築を更新しました。
西七条保育園です。ページはコチラ

タイトル:  樫原コーポ 準備会メンバーでさくらコートを見学

3月4日(日)樫原コーポの準備会メンバーでさくらコートを見学しに行ってきました。さくらコートの住人の方にコーポができるまでの山あり谷ありのお話を聞きました。毎月発行されているさくらコートだよりを見ながら、特に土地が見つかるまでのエピソードはタイムリーなお話だけに学ぶことが多かったです。そのあと一部の住戸を見学させていただきました。それぞれ異なる間取りの楽しさや、入居前からお互いに知っている安心感を改めて感じました。

20120304_1.jpg
20120304_2.jpg

次回の例会は2週間後です!

時 2012 年3 月18 日(日)PM 1:30
所 京都市西京区樫原硲町 ハイツ三宮 
  「樫原ほっこりサロン」102 と103(保育有)
* 参加費  1 家族300 円

[ 例会内容] 取得予定の土地で自分たちの夢ややりたいことなど出し合い検討。

*参加希望される方は事前にお申し込み下さい。
*お問い合わせはお気軽に下記までお寄せ下さい。

樫原コーポ建設組合準備会
事務局 企業組合もえぎ設計 担当 佐々木
京都市右京区宇多野福王子町54 TEL 075-463-1120 FAX 075-463-2733

タイトル:  住宅の断熱性能調査にいきました。

住宅の断熱性能調査に行ってきました。まずは図面を確認、ですが、たいていの家は図面など残っていません。で、具体的に調査ですが、床の断熱材は入っているか。床下点検口から侵入します。壁の断熱材が入っているかも、たいていは床下から見えます。この「床下から壁の様子が見える」ことが曲者で、床下の空気が壁の中に上がって行くことになります。そうするとせっかく壁に断熱材が入っていても、床下の空気(外気)が壁を冷やし、またその空気が1階の天井裏にまで回ってしまい、断熱の効果が損なわれる。という事になります。写真B.jpg土台の上に壁の断熱材が見えます。あの部分が壁の中という事です。

次は屋根裏を覗きます。押しいれなど見えないところの天井が開くことがあります。そこから覗くと天井の断熱もわかるし、また壁の断熱材も見えることが多いです。という事は、床下の空気は2階の屋根裏まで来てしまう。という事です。この空気の流れを止めることも、断熱性能を上げることにつながるのです。写真C.jpg左手側に筋違いの金物が見えます。この部分が壁の中という事です。天井裏と壁の中は空気的につながっています。

タイトル:  みつばち菜の花保育園、間もなく完成です

みつばち菜の花保育園、間もなく完成です。大きな吹き抜けのあるホールは、南面する窓から陽の光を浴びてさわやかな空間を作り出しています。子どもたちが走り回る姿が見れる日が、楽しみです。写真A.jpg床にはまだ資材がいっぱいで映っていないのが残念ですが、桧の床のホールはとてものびやかです。