ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2012年4月の記事

アーカイブ:  2012年4月の記事

タイトル:  御室桜を見に行きました

もえぎ設計は御室仁和寺の近くにあります。遅咲きの御室桜が満開と聞きつけ、休憩がてら見に行ってきました。背たけの低い桜なので、ソメイヨシノと比べて目の前に咲いている感じが強いです。まじまじと観察しながら、気づけば4月後半に入ったことを実感しました。
20120419_2.jpg
20120419_1.jpg

タイトル:  高野保育園 増改装工事 竣工間近です

左京区にある高野保育園の増改装工事が、GW明けに竣工する予定です。工事の内容として、まず既存園舎の南側に木造の園舎を増築工事をしました。そこへ1才児保育室が移り、もとの1才児保育室を他の用途に使うなどの間仕切りの変更を伴う改装工事を行いました。木造の園舎は無垢の木材をふんだんに使っていて、小規模ながらも使いやすい空間となるように設計しています。保育をしながらの工事だったため、何かと大変だったと思います。あともう少しですね。20120418.jpg

タイトル:  樫原コーポ 計画予定地を見学しました

4月15日土曜日に樫原コーポの例会があり、計画予定地を見学しました。現在、敷地には(正確な築年数がわかりませんが)古い戸建住宅が建っています。
20120415.jpg
例会は融資の話や、今度のスケジュールについてなどなど。また、準備会から樫原コーポ建設組合として発足することになりました。
次回の例会は4月30日(月・祝)の1時半から行います。引き続き、樫原コーポに住む仲間を募集しています。興味のある方は下記連絡先までご連絡ください。

樫原コーポ建設組合準備会
事務局 企業組合もえぎ設計 担当 佐々木
京都市右京区宇多野福王子町54 TEL 075-463-1120 FAX 075-463-2733

タイトル:  園部の家、工事進んでいます。

園部の家、工事進んでいます。もえぎ設計でいままでずっと設計してきた家の多くは、長ホゾ差し込み栓打ちという昔ながらの方法で、柱の足元が土台と留まっています。土台が十字に入っているところの込み栓は、どちらからも留められないものですが、斜めに丸込み栓を留める方法があります。長ホゾ事態は土台に垂直に入いっていますが、その長ホゾに斜めに丸栓が貫きます。構造実験によるとこれの方が引き抜き耐力か高いのです。施工も難しくないので、なかなかいいです。コピー ~ 2012.3.22 001.jpg。桁を貫いているホールダウン金物は合板受け材の上から留められるものを使います。耐力壁が両面とも面材を使うので、柱の際には面材を留めつける受け材が入ります。その上からビス留めできるものを使っています。いろんな欠損がないので美しくおさまります。見えない部分ですけどね 2012.3.29 007.jpg

タイトル:  ひこばえ会食の会でお昼ごはん

今週の金曜日もひこばえ会食の会でお昼ごはんをいただきました。
今回のメニューは皿うどんです。それにご飯、スープ、おかずがついてボリューム満点でした。最近、近所のお客さんが増えてきてよい感じです。

20120406.jpg

タイトル:  洛西保育園の竣工お祝い会によんでいただきました

洛西保育園の改装工事のお祝い会に呼んでいただき、新しいホールでご飯をごちそうになりました。また改装前後の写真を交えての感想をいただいたり、テレビ番組の劇的ビフォーアフターをモチーフにした劇を楽しませていただきました。
20120331_1.jpg
20120331_2.jpg
↑黄土色のジャンパーを着た男性は工事の施工者、岡野組さんの監督役で、その左隣の女性がもえぎ設計の担当者役です。みなさん、演じることにかなり慣れている様子。お話も面白かったです。

20120331_3.jpg
園児の絵が入ったかわいい賞状もいただきました。いろいろとありがとうございました。終わってみると、長い期間にわたった設計監理だったなと感じます。ご迷惑もおかけしました。
岡野組さんにもスムーズに工事をすすめてもらい、ここまでできました。ありがとうございました。