ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2012年6月の記事

アーカイブ:  2012年6月の記事

タイトル:  グループリビング連続講座のお知らせ

集まってつくる安心の住まい研究会の主催により「地域で住むということ そして、一緒に住むということ」というテーマで3名の講師を招いて講座を開きます。
20120630GL.jpg

第1回「医療・介護・ケア」の現状と活用について

私たちはかつて地域で住民と共に生き、そして一生を終えるまで地域の中で暮らしてきました。

そのような当たり前のことが出来なくなった今日、何故それが出来なくなったのかをたどりながら、介護福祉の現状を知り、そして参加者自身が考え、一緒にこれからを探す話し合いの場にします。

日時 6月30日(土)13時30分~16時(13時開場)

場所 京都テルサ 東館2階 視聴覚研修室

講師 行俊美幸氏 (乙訓医療生活協同組合ケアマネージャー)

参加費 500円

※開催にあたり協賛金(一口1000円も募っています)お心のある方はご連絡いただきますようお願い致します。

定員 各回50名(申し込み順)

お申込み:
①お名前
②年齢
③ご住所
④お電話番号
⑤参加希望日程

を明記の上、以下のファックスまたはメールでお申し込みください。

主催:集まってつくる安心の住まい研究会

連絡先:居場所よっと~くりゃす(担当:マスダ)
TEL/FAX 075-672-1458
MAIL   yottokuryasu@gmail.com

タイトル:  桂・樫原コーポ 建設地周辺ウォッチング

6月24日、桂・樫原コーポの建設地周辺をウォッチングしました。ご近所へのあいさつまわりが終わった後、近くの学校や公園などをみんなで歩きながらみました。

そのあとはバーベキューを楽しみました。食べながらどんな建物にしたか話をしました。そんな大人の横で子どもたちもわいわいと敷地の中を走り回っていました。

まだまだ一緒にコーポラティブハウスに住む人を募集しています!
詳しい紹介はコチラ≫http://moegi-archi.com/info/2012/0403134.html
連絡先≫
樫原コーポ建設組合準備会
事務局 企業組合もえぎ設計 担当 佐々木
京都市右京区宇多野福王子町54
TEL 075-463-1120 FAX 075-463-2733
MAIL info@moegi-archi.com

20120625_1.jpg
20120625_2.jpg

タイトル:  花壇づくりにご用心

家の周りに花が咲き乱れる様子は実に気持ちのいいものです。
木造住宅の基礎を利用して、その周りにブロックやレンガを積んで土を入れ、簡単に花壇を作っている光景をよく見かけます。しかし、これはしてはいけません。
というのは、木造住宅を長持ちさせるために、湿気がまわったりシロアリの食害に合わないように、木の部分を地面から極力離す必要があります。
長期優良住宅などで基準になっているのは、地面から土台まで40センチ離す、というのがあります。建築の仕様でこれを守ったとしても、そのあとに花壇ができてしまうと、地面が上がってきてしまうのと同じことになってしまいます。さらにそこに水やりをしていると、土台の周りはいつもジメジメした状態になります。
花に囲まれて過ごす幸せは、ちょっと家から離して植えてくださいね。
6.22.jpg

タイトル:  福王子の家、配線のおさまりのちょっとした工夫。

福王子の家、完成まじかです。この家は初めて配線長押を使って、電気配線を建築と切り離す。という事をしています。外周部に限っては、コンセント・スイッチなどを壁の中に埋め込まずに、露出配線としています。(この辺りはちょっと賛否があると思いますが・・・)柱・梁・その他の構造材にほとんど貫通することなく配線を通しています。今まで、現場で美しく上棟された軸組な穴があけられていくのが、何ともしのびなかったのですが、今回は、ほぼ美しいまま残りました。(見えない部分ですが・・見えない部分も大切ですね。)
2012.6.ブログ.jpgこの窓の上にある長押状のものの中に電気配線が入ります。外壁の中に入れなかったのは断熱性能の厳密さを求めたのと、大工仕事と完全に切り離したかったからですが、こうしておけば、将来の増設はいつでも楽に行えます。電気機器の発展は目覚ましいので。(そのうちコンセントもいらなくなったらいいのですが・・)

タイトル:  事例紹介ページを更新しました

事例紹介ページ、住宅の新築を更新しました。

親と一緒に暮らすための家 ≫コチラ
大きな吹き抜けのある家  ≫コチラ(説明文は後日アップします)
家族力が生きるのびやかな家≫コチラ

タイトル:  MOKスクールへ行ってきました

6月9日MOKスクールへ行ってきました。
MOKスクールは月1回の頻度で国産材をつかった家づくりをテーマにその仕事にたずさわる専門家の話を聞いたり、意見交換をしたりする学校です。つくり手が中心に幅広い年齢の方が参加されています。

特に小谷和也さん(マスタープラン)のマンションリフォームのお話は大変参考になる点が多かったです。
一部抜粋しますとマンションでの無垢床材の遮音性能についてです。
数社のメーカーの遮音シートを使っていろんなケースで実験をし、データを比較していました。使い方によっては遮音性能が低くなることがあり、勉強になりました。

20120611 002.jpg

タイトル:  園部の家、大工仕事は残りわずか、間もなく完成です。

園部の家、大工仕事は残りわずか、間もなく完成です。あとは仕上げ作業と設備機器の設置です。
出来上がってくると、やっぱりいいもんです。家具が置かれるところを想像すると、楽しみになってきますね。6.7ブログ 2.jpg床の間廻りは最終版。品よく仕上がります。
6.7ブログ 1.jpgトイレの手洗いボウル、陶芸家の芦田尚美作です。
6.7.jpgパソコンカウンター、配線用のスリットも入りいよいよです。

タイトル:  福王子の家 完成間近です

福王子の家は竣工に向けて、工事を着々と進めています。
外壁は透湿防水シートを貼っていたり、内部は造作工事や、電気工事をしています。細かいおさまりを大工さんと確認しました。
敷地の南側は天皇陵があり環境のよいところです。
6月30日(土)、7月1日(日)に見学会をします!
案内ができ次第またもえぎニュースにアップする予定です。
ぜひお越しください。

20120605_3.jpg
20120605_2.jpg
20120605_1.jpg