ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2013年1月の記事

アーカイブ:  2013年1月の記事

タイトル:  私の家、解体後の補強計画

1階の内装をほぼすべて取り払い、構造補強が始まりました。設計では新しい生活に合わせて間取りを考えるときに、そのプランと構造を整合させるというのが計画の重要な部分です。工事を始める前に天井の中の軸組を想定して補強計画を立てます。必要な部分には柱を足したり、梁を足したりしながら2階をうまくささえる構造を考えます。そして工事を進めるときにまず解体をして、想定道理に補強ができるのかどうかの確認をします。
丸山町の家.jpg
丸山町の家 2.jpg
今回はほぼ想定道理の梁組が出てきたのですが、想定以上にシロアリが上がっていて、2階床梁まで傷んでいた部分があり、梁の据替えなどで追加工事が出ました。改修は開けて見ないとわからない部分も多く、工事費の1割ぐらいの予備費は必要になります。

私の家1.jpg
2階の外壁が乗っている位置なので、梁を二重に受け直し、柱の補強をしてささえ直します。そして地震時に引っ張られる方向に今からボルト引きをして、軸組を構成します。

タイトル:  下鴨の家、完成見学会やります。

下鴨の家、完成しました。2013.2月17日に完成見学会をやります。北側斜線制限が厳しい東西長の敷地で、このあたりの新しい建物はほとんど棟の位置が南に寄った左右不対称の家が多いのですが、大屋根はそうならないように、建物を低く造り、対称形にこだわりました。景観条例で瓦屋根の指定地域なので、やはり左右対称にしたいですよね。
IMG_5290.JPG
外観の高さが低いのでとても落ち着いた建物になっています。

タイトル:  私の家の改修工事、始めました

わたくしごとですが、改修工事を始めました。古家を購入しまして、1階全てを改修です。
やはり浴室廻りがすっかりシロアリの食われて、柱の足元はなくなっていました。今は解体が終わり、補強の計画を再確認して、いよいよ軸組補強の始まりです。
K-2.jpg
解体前の写真から同じアングルで次の写真のようになります。
K.jpg
すっからかんですね。ここまで解体すると、構造やら断熱やらいろいろなことが改善できます。

タイトル:  桂・樫原コーポ 例会

1月13日に桂・樫原コーポラティブハウスの例会を行いました。

今回は各住戸の環境評価を行いました。ひとくちに環境といってもいろいろありますが、例えば階数によるしんどさ、採光、通風、眺望などです。3階建てと2階建ての2棟を計画していますが、住戸によってその環境は違います。総合的には大きく変わらないですが、少し差がついて順番をつけました。

これから材料や温熱環境などを一緒に勉強することになります。

次回の例会は1月27日午前9時半から現地で行います。

残り1世帯募集しています!ご興味のある方、お待ちしております!!

[ 連絡先 ]
樫原コーポ建設組合
事務局 企業組合もえぎ設計 担当 佐々木
京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地
TEL075-431-1120
FAX075-431-1233

20130113.JPG

タイトル:  長岡京 改装工事 実測調査

長岡京で住宅の改装工事を設計しました。現在内装工事に入っており、監理に入っています。週1回程度施工者のアラキ工務店と打ち合わせをしています。下の写真は少し前になりますが、工事する部分を撤去した後です。
設計中にはなかなか壁の中、天井裏を全て把握することはできません。現状見られる柱や梁などから架構を推測し、撤去後に図面と照らし合わせて部材の寸法、位置や状態などを確認します。
今回は大きく異なるところはなく、設計中に考えた補強方法でほぼいけそうです。
20130115.jpg

タイトル:  謹賀新年

本年もよろしくお願いします。

12月に事務所を引越ししました。年賀のもえぎニュースでお知らせしております。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

事務所所員一同お待ちしております。

DSC_0018.jpg