ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2014年5月の記事

アーカイブ:  2014年5月の記事

タイトル:  ミセノマ企画 第三回 お散歩企画

私たちのミセノマを地域に開こうという企画の第3回目です。
今回は西陣の歴史についてお話を聞く会を計画しました。

気持ち良い季節になり、町家シェアオフィスの周辺を実際に歩いてみます。

2014年6月1日(日)13:00〜13:50 「西陣まち歩き」:古武博史さんのおはなし

          14:00〜15:00 「古武さんの案内による周辺散歩」
                   定員15名 申し込み先着順 参加費1000円


2014年5月30日〜6月1日の3日間、13:00〜18:00迄古地図や写真などを展示しています。

詳細は下記のPDFをご覧下さい。
ミセノマ第三回.pdf

タイトル:  西賀茂の家 完成まじかです

ようやく完成します。養生がとれてきれいな姿が出てきました。やっぱりいいもんです。後は外構工事を残すのみ。とても明るい住まいになりました。ここも長期優良住宅の地域型住宅ブランド化事業の採択により100万円ほどの補助金が下りる予定です。消費税分は取り戻せないけれど、大きいですよね。さらには京都府内産材の使用により緑の交付金が京都府より40万円ほどおります。合わせて140万円ゲットです。さらに木材利用ポイントも内装材に針葉樹を使っているのでゲットです。これはお金ではないので、数字は表わせませんが・・・
IMG_7885.JPG
IMG_7887.JPG
IMG_7889.JPG
居間からの景色は東に比叡山まで見えます。とてもいい眺めです・

タイトル:  崖っぷち我が家奮戦記 8

さて、古家取得のための算段している最中に計画したのが、以下のような間取りの変更です。購入が決まって良く見ると、1階の北側の縁側とトイレは増築されたものでした。2階は北側の半間が間口いっぱい増築されたのもでした。大屋根は桁の上に新たに桁を乗せて完全に屋根は造り直されていました。2階の増築前の形を考えると6帖と3帖の二つの部屋です。なんとも中途半端な大きさです。

北側の市街化調整区域は用途地域界からおよそ60度の急傾斜です。その下に河川があり小さな集落があり、その向こうに対岸の山が見えます。北側とはいえこの景色を眺めて過ごすプランを考えないでどうしましょう。
既存の家はあまりこの景色を見るようにはできていません。もったいないですね。ただ、私が初めてこの家を見たときには、この北側のがけ地には大木が立ち並び、山を背負ったように真っ暗で、とても景色なんて見えませんでした。きっと誰もこの敷地の魅力には気が付いていないのです。

さて予算の都合から階段位置は変えないことに決めたので、できることは限られます。ただ1階の断熱と構造は丸ごと立て直したかったので階段の位置は変更しないが、いったん階段は取り外しました。

居間・食堂の真ん中にある柱が、元の建物の隅柱の位置です。通し柱なのでこれを残すとして、元の階段ホールを居間に取り込みます。暖房の効率を高めるために、階段前(実際は3段目)に建具を入れて2階と区切り、玄関も風除室として区切ります。ここの部分がちょっと不思議なしつらえになりますが、どう暖気を逃がさないようにするかを考えます。

居間として過ごす部屋の気積がかなりあるので、暖房をどうするかというのは非常に重要なことですね。
見た目の美しさも大事ですが、快適に過ごすための計画ですから・・・

20140509142215109.jpg

20140509142017025.jpg  

さてさて計画通りに事は進むのでしょうか。