ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2014年12月の記事

アーカイブ:  2014年12月の記事

タイトル:  年末年始休業のお知らせ

年末年始休業2014年12月27日(土)〜2015年1月5日(月)

2015年1月6日 始業となります。

2014年は大変お世話になりました。
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

企業組合もえぎ設計 
所員一同

タイトル:  崖っぷち我が家奮戦記 15

 アルミ玄関ドアがどうしても嫌だったもので、これも古建具を頂いて来ました。アルミのセットの袖壁・欄間共に撤去したのでそこからやりかえですが、枠は造って頂いたもののガラスのはめ込みはこれまた施主施工ということで、ベニヤ板が仮に入っています。半年住んだ後もそこはまだそのままになっております。なかなかそこまで手が付けられていません。
 工事はいよいよ大詰めで仕上げ工事と進んでいるのですが、床張り以外の壁・天井仕上げはほぼ施主施工なので、夜な夜な通う訳です。ペンキ仕上げなら素人がなんとかなるだろうと思いあがり、パテ作業に突入する訳です。プロがやってもよくボードの継ぎ目で割れるのでそれは覚悟の上ですが、継ぎ目にテープを張ることすらはしょってしまいまして、たいした道具も持っていないので作業効率は悪いし、もう割れるのなんのって、住み始めると結構なもんです。やっぱり下地処理というのは大切なんですよ。今さらながら実感するのであります。ペンキ塗は合い方と一緒に結局引っ越し前夜までかかってしまいました。夜だけの作業ですので、明るい時に見るとなんとも言えませんね。やはり養生と下地処理で塗装は決まりですね。あとのローラーゴロゴロなんて単なる作業ですね。すべての部屋は壁・天井共にペンキ仕上げです。結構な面積なので、苦労しました。

 細かい部分は結局大工さんの手は借りれなかったので、周り縁やら幅木は付いていません。剥がさなかった古いままの壁との取り合いなどまだ途中といった感じが色濃く残っています。
さて、工事が終盤にさしかかったころ、たまたま知り合いの誘いで廃業した金物屋の在庫をもらいに行かないかと誘われまして、喜んで伺いました。ドアクローザ―・丁番・取手・コーキング・タオル掛け・刷毛などはまさに、この工事で利用させていただきました。ゼットソー・ノミ・メジャーなどは大工さんにお土産として配りました。頂いた手すり受け金物に庭木を切り落とした枝を取り付けて玄関ドアの引き手としました。真鍮のタオル掛けを曲げて紙巻き器を作りました。薪割り用にナタや棚造りの為にスチールアングルなど、数々頂いてほんと助かりました。なんともいい巡り合わせです。
 
 さて、引っ越しの前日に薪ストーブの設置工事です朝から作業に来られて、午前中は煙突の設置作業をしてもらっている間に、私はストーブ設置場所の壁の防熱板の設置をします。アルミの角パイプで壁から浮かせてケイカル板を張るという単純なものです。かっこよく耐火煉瓦でも積もうかとも思ったのですが、ストーブ屋さんと相談して決めた薪ストーブが、後ろと横にはあまり放熱しない機種だったので、その部分には大して蓄熱効果はないとのことでした。それなら耐火煉瓦までしなくてもいいかなと思い、あっさりと仕上げることになりました。安いし・・。ですがアルミとケイカル板のカットが意外に難しく手こずっているところに、ちょうどガラの処分に大工さんが来たのでした。今日の予定はそれだけだと言うもので、ついごり押しで防熱板の製作をお願いしてしまいました。甘えてしまいました。それでなんとかストーブの設置前に防熱板の設置が出来まして、なんともギリギリな状況です。私はその間に出来ていなかった掲示板となる板張り壁の施工をしまして、やっと間仕切りがすべて出来上がったのでした。

 ストーブも無事に設置され、防熱板や間仕切り壁も出来たので、大工さんもストーブ屋さんも帰ってしまいました。後は残るペンキを塗る作業です。明日は引っ越し。なんとか養生も剥がさないと、荷物が運び込めません。徹夜はつらいし、今日のところは出来るところまでですかね。引っ越しも軽トラを借りてきたので、友人と何度か往復することになります。近所なので、大丈夫でしょう。皆さんよろしくお願いします。

IMG_8697.JPG

タイトル:  御所西コーポ例会をしました。

12月6日の例会は、東京の土井さんとスカイプでつないで行いました。離れていても一緒に会議ができるなんて、画期的です。後一世帯早い時期に集まるようにアイデアを出し合いました。計画地の魅力をもっと伝えるために、例会の後周辺ウオッチングをしました。もえぎから晴明神社、堀川商店街まで歩き、堀川散策をして、一条通りを少し歩きました。完成したら常連さんになりそうな喫茶店コラソンのマスターにご挨拶。寒い日でしたが、かな子ちゃんが行く先々でポーズをとってくれました。

DSC07036.JPG『Skype!! で例会です。』

アルティ.JPG 『アルティ』

コラソン-1.jpg『コラソンのマスターとパチリ』

とらや.JPG『とらや』

楽美術館 (2).JPG『樂美術館』

喫茶しじま.JPG『喫茶しじま』

上京中学校.JPG『上京中学校』

新町小学校.JPG『新町小学校』

晴明神社.JPG『晴明神社』

堀川商店街-1.jpg『堀川商店街』

本田味噌.JPG『本田味噌』

御所 (2).JPG『御所』

堀川第一橋-1.jpg『堀川第一橋』

タイトル:  西京区の家地盤補強工事

西京区の家で地盤補強工事をしました。
今回は砕石パイル工法を採用しました。というのは、表面1.5m位は悪くないのですが、1.5mから3m位までの間が自沈層があって、その部分の補強が必要という状況だったからです。表層改良するにはちょっと深いので、この工法を採用しました。
表面が悪くないので、3mまで掘り返すのはもったいないし、杭を打つには浅いし、柱状改良だと将来の建て替えなどには撤去する必要があるしで、こういう時に砕石パイル工法はいいと思うのです。
どういったものかというと、穴を掘ってその部分の土を砕石に置き換えるというものです。
新しい画像 (1).bmp
まず穴を掘って
新しい画像 (2).bmp
深さを測り
新しい画像 (3).bmp
転圧しながら砕石を入れます
新しい画像 (4).bmp
締め固めたら
新しい画像 (5).bmp
基礎の形に添って転々と
新しい画像 (6).bmp
最後に載荷試験を行います
これで出来上がりです。砕石しか入れないので、六価クロムなどの心配もなく地下水にも影響が少なく、自然な仕上がりです。

タイトル:  自立循環型住宅研究会フォーラムに行ってきました

自立循環型住宅研究会とはエネルギー50パーセント削減を目指す住宅設計を考えるために国土交通省が自立循環型住宅への設計ガイドラインという本を出し、研修を行っているのですが、それをさらに具体的に検討しようと集まった会で、毎年実践の報告を出し合いながら議論・検証を深めていく会です。
今回は広島開催です。実にためになります。
私も次回はぜひ発表したいものです。
広島ではLRTに乗ってきました。
1  .JPG
次から次に電車は来るし、あまり揺れないし、駅の数は多いし、とても快適です。
村野藤吾設計の広島世界平和記念聖堂も見てきました。実に美しいです。
そのあと広島新聞を読むと、選挙前に政治献金が原発メーカーから増えたという記事があり、実に腹立たしい気分になりました。結局 金で政治は動いてるってことですよね。美しいものを見て、平和を考えてるというのに・・・
3  .JPG
4  .JPG
5  .JPG
7  .JPG
いろいろな報告があり、改修工事で床下からの断熱工事が結構効くのだということも知りました。風の誘導の仕方も検証されている方がいて、報告は実に面白かったです
8  .JPG
暑さ寒さをうまくコントロールできれば快適性は上がります。改修でも可能性は広がります。どんどん進めていきたいものです。