ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2015年1月の記事

アーカイブ:  2015年1月の記事

タイトル:  崖っぷち我が家奮戦記 17

 工事にかまけていた私は、引っ越しの準備を相方と相方の両親にすっかり任せていたもので、荷物がどうなっているのかさっぱり知らないまま、その日を迎えました。軽トラを借りてきて、友人4人に手伝いをお願いして、朝から作業です。歩いて10分の新住居に軽トラで往復です。今回の引っ越しは車が横づけ出来る家から駐車スペースのある家なので、積み下ろすのはとても楽です。というのも、前回のガケの家(2度目のガケの家なんです)からの引っ越しは、車が走れる道から階段をあがって、さら15度クラスの坂を50mぐらい上がった家からの引っ越しだったもので、それはそれは荷物持って走ったのなんのって、その時手伝ってくれた人には大変な思いをさせました。それに比べると楽なもんです。(その2回共に手伝って頂いた友人もいます。)手伝って頂きながらこんな言い方はいけません。ほんと助かりました。ありがとうございました。
 
 段ボールの中身を知らないままにトラックに積み込んでは新居に運び入れ、なんとか3時ごろには今まで住んでいた家をからっぽにすることができました。空っぽになった家は賃貸の家ではありますが、実は少し改造した部分があります。さてそれを復旧する時間もなく、また、復旧しなくてもいいだろうと思う部分もあり(和式便所だった所を洋式便所に改装していました)さてどうしたものかと思ってはいたものの、しばらく貸す気はないそうなので、もし改装費用がかかるなら、費用負担もしょうがないかなと思いながら、大家さんに見てもらえますか、と鍵を渡しに行きました。ちょっと今は時間が無いのでそのうち見ておきます。とのこと。ではまたあらためてお伺いします。とその場を離れます。
後日お伺いすると、あれは大工を入れないとあかんな―。で費用はどうしましょう。まあもういいわ。と。ちょっと怒られぎみの感じでしたが、費用負担もなくありがたいことです。つい賃貸住宅であっても、すこしでも住みやすくしたいと思うものですから、なんとか改善を試みてしまいます。で、よくなるところはいいのですが、途中的なるところが残ってしまって、やはりプロの手を借りなければ、最後のまとまりがつきません。そこが今一歩ですが、思いは一つです。「より住みやすくしたい」ですね。

 さて、ガケの家はと言いますと、段ボールの山積みから新生活はスタートします。一般的にはこの段ボールを開けてそれぞれのものを各収納場所に収めていく。というのが引っ越し後の片付けだとは思うのですが、私の家はそういう訳にはいきません。引っ越しを終えてから収納する場所を作っていく。という順番です。キッチンの流しは取り付いてはいるものの、まだタイルは貼っていない部分があるとか、服をしまう場所にはまだハンガーパイプが付いていないとか、本棚予定の場所とか、家は出来たけど生活はまだまだおぼつかないのです。それでも広いし、明るいし、快適です。庭には薪になる予定で積み上げてある建築廃材が山のようです。天井点検口・床下点検口には蓋はなく四角い穴が開いたままです。トイレには紙巻き器も付いていないし。先は長いのです。
 これからは住みながらの工事になります。何が違うかといいますと、かよわなくてもいいのですが、もう現場ではなく家の中なので埃の出る作業は家の中ではやりにくいし、夜中にゴリゴリやると子どもたちが起きてしまうし、休みの日の昼間に外で作業することしかできなくなってしまいました。夜な夜なの作業はしなくなったのでへとへと感はなくなり、健康的な毎日が過ごせております。がしかし、あまり片付けは進まないのです。週末にちょっとタイルを貼ってみたりですが、子どもたちと遊ばないといけないしで、やっぱりあまり片付けは進まないのです。ぼちぼちです。

住みながらの工事はなんだかひとつひとつがとても良くなった感が強くていいもんです。住んだことのない家を直すよりも、住み慣れた家を改装して良くなっていくようなそんな感じです。

崖っぷち17.jpg

タイトル:  御所西コーポラティブハウス周辺紹介です〜!!

昨年御所西コーポの周辺ウォッチングをしました!!

ぶらぶら歩いて行ける範囲に魅力的な場所がいっぱいあります。

アルティ.JPG 
『アルティ』烏丸一条下る室内楽向けコンサートホール

コラソン-1.jpg
『コラソンのマスターとパチリ』すぐ近くにある自家焙煎のお店

とらや.JPG
『とらや』

楽美術館 (2).JPG
『樂美術館』

喫茶しじま.JPG
『喫茶しじま』自然素材にこだわったランチと甘味

上京中学校.JPG
『上京中学校』徒歩10分

新町小学校.JPG
『新町小学校』徒歩8分

晴明神社.JPG
『晴明神社』堀川一条上る

堀川商店街-1.jpg
『堀川商店街』徒歩10分 リニューアルが進んでいます

本田味噌.JPG
『本田味噌』室町一条角

御所 (2).JPG
『御所』

堀川第一橋-1.jpg
『堀川第一橋』 散策やジョギングに最適

タイトル:   崖っぷち我が家奮戦記 16

 さて、前回引っ越し直前の話まで行きましたが、ちょっとさかのぼります。設計者として、プランを考えるときに、私も施主ですが、もう一人の施主に話を聞きながら計画します。一通り計画を作って、たたき台として相談するのですが、やはり収納が気になるようで部屋を小さくしても納戸的なるところを作るべきだと言われまして、ほぼ家の中心部分に収納スペースをとりました。そこには現在子どもの服と、掃除用具・カバン・紙袋・古新聞・その他ストック類がおさまっています。特に扉はなくあけっぴろげですが、居間からは見えず、前をよく通るのですが、雑然とした感じは気になりにくいちょうど良いスペースです。床面積の13%は収納にするのが良いと言われておりますが、そこまではないかな。(どう測るのかは知りませんが・・・)なかなか便利です。

 計画上の私のこだわりは、キッチン。住宅の計画で時々考えては流れてしまうのが、出コンロというレイアウトです。出窓にコンロを置いたL型キッチンです。もちろん置き型コンロです。出窓にコンロの何がいいかと言いますと 、L型・コの字型なのにコーナー部分が無いという無駄なところが少ないというところです。が、コンロの前が窓なので、ガラスが至極汚れます。それと火を使う部分と水を使う部分が完全に別れるのでまとまりやすいです。

 という訳でシステムキッチンは使えません。今回はたまたまちょうどそのレイアウトがおさまりました。流し台を既製品にするかオーダーにするか悩みましたが。そこはやっぱりオーダーにこだわりステンレス天板のみオーダーしました。収納部分を含めるといわゆるコの字型キッチンです。流しの部分が食卓に向って斜めに対面のような向きになり、逆の横を向くと出窓にコンロが置かれていて、流しの背中側に食器棚・冷蔵庫・電子レンジの配置です。コンロの奥行き寸法の出窓の側面にプロペラファンの換気扇を付けています。フードはなしです。窓を少し開けて換気扇を回すと、ショートサーキットとなり部屋が寒くならないのではないかと思っていたのですが、窓と換気扇が直角の方向で、換気扇を回すと窓からまっすぐに風が入ってきて換気扇の方に直接向かっていきません。なぜなのかわかりませんが調理している自分の方に風が向かってきます。

 換気は入口から出口に向かって真っすぐ流れると思っていました。それがそうはいかないのです。理由はわからないまま、あきらめて換気扇と反対側の側面に吸気孔を後から開けていただきました。吸気孔からコンロの上を通って換気扇へ空気は流れますが、フライパンから出た煙がどんどん換気扇に向かうというほどでもありません。やっぱりコンロの真上に換気扇があるのが一番いいと思います。残念です。空気を読むのは難しいですね。
流しの下は空いたままなので、そこをどう使うかというのも考えどころです。

 ワゴンに玉ねぎ・ジャガイモなどの野菜、2つ目のワゴンに調味料・お茶っ葉など。クリアーケースの引き出しに干物類、ごみ箱が2つ。ですがシンク下の奥行きが深いので(60センチ)足で踏んで蓋を開けるタイプのごみ箱は踏むたびにどんどん奥へ入っていってしまいます。子どもがかくれんぼにキッチンの下を使うというようなこともおきます。そこで奥の30センチは棚を作ってあまり使わないものをしまい、手前の30センチを良く使うものにしようということになりました。これはまだ実現できていませんが・・・。

 収納のコーナーは冷蔵庫の横に食器棚、その横にエレクターを手に入れて鍋類が半分、電子レンジを上段に置き風通しの良い棚になっております。吊り戸棚は特になく上の方は空いております。あまり使わない物は台所納戸(味噌部屋でもあります)に入れてあります。
住みながら造る、というのは、こういったようにどんどん改善できるのが良いです。家は育てていくものですよね。住み始める時に完成していなかっただけでもありますが・・・

IMG_8698.JPG

タイトル:  桂・樫原コーポ 工事現場を見学しました

昨年末に桂・樫原コーポの例会を行いました。

現場の状況についての報告、材料の確認などをしてから現場を見学しました。
現場は北棟の2階の配筋が終わり、型枠工事に入っている最中でした。
このあたりが寝室でこのへんが居間でとわいわい話が続きます。

寒さが厳しい中、職人さんたちは決められた時間内でてきぱきと作業していました。
完成まであと約4ヶ月、楽しみです。

IMG_5034.jpg

タイトル:  西京の家の上棟

西京区の家の上棟は実はもっと以前に上がっていましたが、ブログが追い付いていません。
2014年内に大まかな躯体は出来上がってしまいました。
京都府内産の杉の柱・梁は色味が整っていて実に気持ちがいいです。
IMG_8766.JPG
IMG_8768.JPG
IMG_8773.JPG
ベランダが渡り顎で突き出ます。
軸組が棟まで上がった写真がなくてすいません。次回何とかアップします。
野地板はJパネルで2階の天井でもあります。
IMG_8779.JPG
IMG_8882.JPG
南に大きく開いた窓でとても明るい住まいになります。

タイトル:  謹賀新年

京都は新年早々沢山の雪が降りました。

事務所の前の通りはまだ雪が道路片に残っています。

今日の雨で随分とけはしますが、明日からまた寒い日が続くようです。

今年一年も良い年でありますように。

どうぞよろしくお願い致します。


IMG_1871.jpg