ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2017年2月の記事

アーカイブ:  2017年2月の記事

タイトル:  床にワックス塗ってきました

 南区にある保育園の改装工事が2月の末に終わり、最後の床のワックス掛けを手伝ってきました。当初は私と園の先生たちの素人だけで塗る予定だったのですが、心配した監督さんが職人さんと一緒に手伝いに来てくれました。

 床はヒノキの無垢板張りで、浸透性のある100%天然素材のワトコオイルリアレックスというオイルを塗ります。はじめにオイルをつけた布で軽く床の表面を拭き、新たな布で木の内部に浸透するよう、しっかりと乾拭きをするという具合です。

 みんなで手分けしながら塗っていくので、逃げ場がなくならないよう部屋の端からベランダの方に向かって塗っていきます。壁際は刷毛でオイルを塗り、他の部分は布で塗るわけですが、後の乾拭きが結構腕の力が必要な作業でした。

 約80㎡の床を7人で1時間半かけて無事塗り終ました。1日養生をして、最終的に内部までオイルが馴染むには一週間ほどかかるそうです。

IMG_1356.jpg右の部屋はすでにオイルを塗り終えた床です。違いがはっきりわかります。乾いてきたらもう少し明るくなるそうです。

IMG_1362.jpg奥の方から順々に塗っていきます。

IMG_1382.jpg終わりに近づくと段々と作業できる床が狭くなってきています。

タイトル:  住まい方図鑑-10

 この家に越してきて3度目の冬を前に2階の断熱改修をしました。以前に寝室のみ天井を部分改修しましたが、案の定別の部分が結露をおこし、またカビが生えて結局土壁の部分にもカビに襲われて、部屋の中はほぼすべてやり替えを決意しました。こうなる運命だったのですね。もともと1階のみ断熱性能を上げた改修をしたもので、室温が上がると断熱をしていない寒い部屋で結露が発生します。全体が性能が悪い場合は少々暖房をしてもそもそも室温が上がらないので、結露にはつながらないのでいいのですが、部分的に断熱性能が上がると、室温も上がるので、外部との温度差が上がり問題が置きます。こうなるともう追っかけ合いです。
 土壁の部分はフェノールフォームの25mmを内側に納めて石膏ボードを張り、土壁でない部分は一旦内部の壁(べニア下地にクロス貼り)を剥がして、壁の内部にロックウールを充填しました。少しでも安く上げるためにべニアの撤去は自分でやって、胴縁の廃材は薪としてストックしてべニア板のみ処分して頂きました。天井は既存の竿縁天井の下にフェノールフォームを入れて石膏ボードを貼った二重の天井になっていますが、断熱材の厚みはささやかなので、天井裏にもロックウールを敷いています。が、まだきれいに全ての場所に敷き並べられていません。それと試しにもう使わなくなったウールの毛布とかウールの掛け布団を敷き並べてみました。ちょっとでも断熱性能が上がるといいのですが、どうでしょうか。
 
 小屋裏は部分的に小屋裏収納にするために合板床にした部分があります。その他の部分との仕切りはないので、断熱がしてある天井裏が見えます。いつでも断熱材を足すことができるので、ちょっと様子を見ながら調整します。ちなみに合板床は天井を兼ねた12mmの床なのでこの部分は断熱されていません。まだほぼ使われていない部屋なので、何も結露などおきてはいませんが、同じように寝る部屋として使い始めると問題が出たりするのでしょうか。何かおきたらその時に対処します。
と、各部屋はこれでだいたい対処したのですが、階段室のみ未だ元の土壁のままです。それぞれの部屋とは区切られているので、何かおこるようなことはないとは思いますが、この階段を通って2階に暖気が上がるので、損失は大きいですね。面積としては少しなんですが、やっぱり後回しですね。

 もうひとつ気になっている部分の補修を始めました。壁・天井仕上げを自分で塗ったペンキ仕上げの部分で石膏ボードの継ぎ目部分です。下地のテープを貼るのを端折ったもので、ボードが目違いを起こして皆ひび割れを起こしてきました。自分の手抜きが今になって後悔です。

 仕上がった壁の部分にもう一度カッターを入れて隙間を作り、そこにボンドを注入してビスで止め直して継ぎ手に紙テープを貼りました。その上からまたパテをして塗装のやり直しです。自分で仕上げた内装の8割はこの仕上げなので、けっこうな長さになります。それをすべてやるかと思うと気が遠くなります。これは使っていない部屋ではなく、まさに生活のど真ん中なので、塗ったり貼ったりは良いのですが削る磨くは埃が出るので困ったものです。まぁそれでも表面の事なので後からでもなんとかなります。
 後からやるのが難しいのが断熱などの外皮の性能施工ですが、それも現状のモルタル壁に外張り断熱をすれば後からでも性能を上げていけます。たいていの事は付けたしていけるという事です。でも造り込んだ部分は剥がさないと改修できないので耐震強度と断熱性能はなんとか先に整えておきたいですかね。

IMG_0521.JPG