ホーム > もえぎ設計 日常ブログ > 2017年6月の記事

アーカイブ:  2017年6月の記事

タイトル:  「第49回京都保育のつどい」に参加しました

午前は、絵本作家の浜田桂子さんの講演がありました。「へいわってどんなこと?」という自身の絵本の紹介いただきながら、世界中のこどもに平和をという強いメッセージを受け取りました。

午後は分科会「子どもの豊かな保育環境づくり」に参加しました。昨年に引き続き私たち設計者の組合で企画した分科会で、今年は蜂ヶ丘保育園の新園舎づくりと青い空保育園の改修事例を報告いただき、参加された保育士の方々と設計者のメンバーで意見交流が行われました。乳児のプールや積み木の収納の工夫、調理室の有り様、改修による変化が子どもに与えるストレスなど話題は多岐に渡りました。

お金がないからできない、狭いからできないではなくて、子どもの豊かな発達を願って、様々な工夫ができることに共感しました。この催しに向けて「子どもの豊かな保育環境づくりの共同をめざして〈設計事例資料〉」というパンフレットを作りましたので、ご興味のある方はご連絡ください。

DSC_0081.JPG

タイトル:  京・杉の家完成見学会2017年7月2日(日)

京・杉の家完成見学会4.jpg

AM10:00~PM3:00
京都市右京区花園

*予約制*
必ず事前にお申し込みください。
FaxかMailで氏名・住所・電話番号・参加人数を下記までお申し込みください。  
来られる時間もお知らせ下さい。6月27日(火)締め切りです。
参加申し込み頂いた方には確認のご連絡を差し上げた後、見学地の地図をお送りいたします。


手作りと既製品のバランスを追求した家

 双ヶ丘と妙心寺にほど近い低層住居地域に建つ  
24坪のすまいです。
子育てが始まったばかりの共働き家族の住まいへの要望は

・・・車はワゴン車と軽自動車、家事は好きだけど時間勝負、
ババっとできるキッチンや一気に収納できるクローゼット
 忙しい毎日だからこそ家族で過ごす居間を明るく居心地よく、

ワークスペースや畳の小上がり空間をしつらえ、
光や風の取り入れ方に工夫を凝らしました。
子どもの成長に合わせて個室化できるように、

2階にはロフト付きのフリースペースを設けています。
本物の木の家にこだわりつつ量産品も上手に使って
ローコスト化にもこだわりました。


☆☆☆長期優良住宅の認定を取得し、長期にわたり維持保全の計画や、メンテナンスのしやすい造りを心がけ、耐震性能、断熱性能も高い性能を確保しています。
京都府内産杉材を使用し、京都府緑の交付金を予定しています☆☆☆

タイトル:  ことらいふ嵯峨野 一周年記念行事

5月13日、あいにくの雨天でしたが、グループリビング「ことらいふ嵯峨野」の一周年記念行事が行われました。日用雑貨、産直野菜など商品盛りだくさんのガレージセール、占い喫茶コーナー、住み手の方のフルート演奏も含めた歌のコーナーと賑やかな半日でした。
IMG_4909.jpg
IMG_4910.jpg
IMG_4916.jpg
竣工して早いものでもう1年。見学者の受入れはもとより、様々な学習会、歌声喫茶、子ども食堂など、多彩な企画をこなしながらも皆さんが生き生き暮らしておられます。看板の下にもお花が植え込まれ、引渡し当時とは比べ物にならない素敵な住まいに変身しています。
IMG_4911.jpg
IMG_4920.jpg