ホーム > もえぎ設計 日常ブログ >  > "北山丸太を子ども達に"

タイトル:  北山丸太を子ども達に

1月のまだ小雪が散らつく中、京都市北区の中川で北山丸太や垂木丸太を生産加工しておられる中田林業さんに見学に行きました。圧巻は天然出絞の床柱ですが、何とも言えない風合いと艶やかな木肌です。最近では和室のない家が増え、床の間を設計することの方が珍しくなりました。でも、現地に立って北山の空気を吸い、皮剥きの作業を見せてもらっていると是非とも使いたい気持ちになってきます。

IMG_6790.jpg   IMG_6793.jpg

 この春、私たちが手掛けた保育園が3ヵ園それぞれに竣工しました。今までに関わってきた園でもいろいろと試みて北山丸太を使いましたが、この3ヵ園でも使っています。丸太の肌の感触は子ども達にも心地良く、垂木丸太も子ども達には丁度握りやすいサイズです。
 写真はその中の1ヵ園で、西宮市で初めて公園の中に建設された「ゆめっこわかば保育園」です。詳細は、またの機会があれば報告したいと思います。


ゆめっこわかば外観.jpg

ゆめっこわかばホール.jpg