ホーム > もえぎ設計 日常ブログ >  > "すまいづくり・まちづくりの明日を拓く 新建叢書2"

タイトル:  すまいづくり・まちづくりの明日を拓く 新建叢書2

IMG_5960.JPGのサムネイル画像
第Ⅰ部
京都の伝統としての住民の共同の取り組み
第1章  「京都計画88」の提案
第2章  市民と共同のまちづくり運動
第3章  建築・まちの保存運動

第Ⅱ部
歴史的街区や規制市街地での居住様式の再生・継承
第1章  町家長屋の再生・継承
第2章  歴史的市街地における新しい居住様式

第Ⅲ部
第1章  地域の中で育ち合う子どもたち
第2章  すみ慣れた地域で暮らす・暮らす地域に住み慣れる
第3章  地域の暮らしを支え合う仕組み
第4章  医療・介護・福祉・住まいの垣根を越えて

特別価格:1冊 2,200円 A5版240ページ(消費税込み)
私たちが所属する新建築家技術者集団が「すまい・まちづくりの明日を拓く-京都の実践」
を刊行しました。京都支部のすまい・まちづくり運動と実践を紹介した本です。

もえぎのメンバーも下記の執筆をしています。ぜひ、ご購読下さい。
1-1-2 祗園祭りが危ない 百足屋町の運動
1-2-2 京都駅改築市民設計案づくりの取組
2-1-3 町家ストックの継承・・・もえぎ設計の紹介をしています。
2-2-1 コーポラティブハウス
3-1-1 親も子も育つ保育園 みつばち保育園の事例 
3-2-1 高齢者福祉施設と地域サロンと住み慣れた自宅 生活総合支援センター姉小路の事例
3-3  「コラム」 学校統廃合と跡地利用 
3-4-1 医療・介護・福祉・住まいの垣根を越えて地域に拓かれたサービス付き高齢者向け住宅 咲あん上京