ホーム > もえぎコラム トップ

コラム:  素足と床板

 私たちは生活空間には無垢の床板を勧めている。無垢とは木材をそのまま使っているという意味で合板フローリングなどと区別した言い方だ。ちなみに合板フローリングは薄くスライスした木材を何枚か貼り重ねた製品で、表面だけにナラなどの美しい木材を使っている。

無垢の板材に比べ、温度や湿度による形状の変化が少なく均質なのが特徴で、多分70 年代から急速に普及し既に一般化している。無垢材では超高級材でしか実現できない美しさを安価に模倣できる上に、熟練の職人を必要としない施工の容易さが普及の要因だろう。

現在では表面を保護する塗装の強さを競い、掃除のしやすさを売りにしている製品も多い。

 私たちが無垢の床板、特に国産材を勧めているのは森林を守るのに多少でも貢献したいと考えているからに違いないが、それだけではない。無垢の床板には合板フローリングでは実現できない性能があると考えているからだ。その一つに吸湿性がある。

合板フローリングはそもそも接着剤で木材を貼り合わせているので吸湿性に劣るが、その上表面を覆う塗装によって吸湿性はほとんど無くなる。夏はベタベタし、断熱性の問題も相まって冬は冷たい。それに比べると無垢の床板は抜群の性能を持つ。

 そもそも住まいの基本的な役割は雨露をしのぐことにある。私たちの祖先は竪穴式から高床式住居へと乾いた環境を追い求めてきた。乾いていることは健康な暮らしに直結しており、居心地良さの源かもしれない。無垢板から受ける乾いた感覚の心地良さは、実は深い所に根ざしている。

 時代の流れの中で経済的な側面や目先の性能が優先され、人が本来持っている感覚が犠牲にされていないだろうか。無垢の床板は季節によって変形し、反ったり空いたりするし、木目は不揃いで節が目立つかもしれない。醤油をこぼしてもサッと一拭きというわけにはいかない。

しかし、一見デメリットとも思える性質の中に私たちが心地良いと感じる大切な要素が含まれているように思う。手慣れた大工は無垢の床板を貼る時に木と対話す
るように、一枚一枚のくせや色合いを見ながら施工する。

床の事など日常生活の中では何も意識に上らないよう、目立たないように気をつけて丁寧に貼っていく。

その結果生まれる整然とした不均一さ、ゆらぎが無意識のうちに五感を刺激し心地よさをつくり出している。そして、暮らしの中で時とともに美しさが増すことで住まいへの愛着が育まれる。

無垢の床板はそんな材料だ。

 無垢の床板の上を素足で歩く快適を多くの人に知ってもらいたい。足の裏の乾いた感覚や、踏む場所で微妙に違う木目の感触、時間や季節、天候によって変化する木目や継ぎ目に生まれる陰影を楽しんでもらえればと思って設計をしている。そうした居心地の良さを人は求めているのではないだろうか。
DSC_0095.jpg