ホーム > 事例紹介 > コーポラティブハウス

もえぎ設計:  コーポラティブハウス一覧

なな彩コーポ

- コーポラティブハウス -  

なな彩コーポ

名前の通り、7つの家族のコーポです。敷地は、江戸時代宿場町として栄えた街道に面し、向かいの本陣跡を始め、重厚な家並みが保全される「樫原界わい景観整備地区」に位置します。そのため、屋根の形や外壁の意匠、生垣のしつらえなど厳しいデザインコードに沿って建てられました。通り沿いに3階建て、奥に2階建ての分棟配置になっていて、中庭には従前の住まいに有った手水鉢や鞍馬...
なな彩コーポ

事例紹介公開日:2015年10月20日(火)   カテゴリ:コーポラティブハウス
さくらコート

- コーポラティブハウスの新築 -  

さくらコート

御所の西、一条通りに面したL型の変形敷地にさくらコートは建っています。
地域や通りに馴染むボリュームと表情に配慮し、ヒューマンスケールの集合住宅になりました。

表の1階には、お年寄りからこどもたちまで自由に立ち寄れるまちの縁側「とねりこの家」があります。
格子戸を通り抜けると露地の向こうに桜の木が植えられた中庭があり、九つの住戸がこの中庭を囲むように配置されています。

さくらコート

事例紹介公開日:2004年06月07日(月)   カテゴリ:コーポラティブハウスの新築
栗の木コーポ

- コーポラティブハウスの新築 -  

栗の木コーポ

12家族の住まいは多種多様・・・

栗の木コーポは、相国寺東側の落ち着いた住宅街に建つ3階建て12戸の住まいです。

相国寺の借地に建っていた建物を譲り受け、コープラティブハウスに建て替えました。通りに面してひろばがあり、みんなの玄関、ちょっとした溜まり場になっています。かつて大きな栗の木があったのにちなんで栗の木コーポと名付けられました。

栗の木コーポ

事例紹介公開日:1999年11月07日(日)   カテゴリ:コーポラティブハウスの新築