ホーム > 事例紹介 > 保育園

もえぎ設計:  保育園一覧

芦屋こばとぽっぽ保育園

- 保育園の新築 -  

芦屋こばとぽっぽ保育園

こばとぽっぽ保育園は、0才児から2才児まで30人定員の芦屋こばと保育園(本園)が、就学までの保育を保障するために隣接する土地を購入して建てた第二園です。 本園は築40年で、まとまった園庭こそありませんがポカポカ日の当たる砂場があり、アプローチには野菜が伸び伸び育ったプランターが並べられています。給食には「子どもたちに美味しいご飯を...」と、事務長先生が丹波...
芦屋こばとぽっぽ保育園

事例紹介公開日:2015年05月22日(金)   カテゴリ:保育園の新築
みつばち菜の花保育園

- 保育園の新築 -  

みつばち菜の花保育園

 みつばち菜の花保育園は、西京区桂にある「みつばち保育園」の第二園です。

本園の設計コンセプトはそのままに定員を90名に増やし、今回は南側が公園という立地を最大限に生かして、室内では12m角の広いホールを中心に伸びのびした保育を展開しておられます。

みつばち菜の花保育園

事例紹介公開日:2014年02月06日(木)   カテゴリ:保育園の新築
摂津峡保育園

芥川沿いの傾斜地を造成した本敷地は、船の突端のように四方が見渡せる絶景のロケーションを有します。

計画は子どもたちがこの自然豊かな景色を享受し、身近な土や緑と親密な関係を持てることを意図しています。

摂津峡保育園

事例紹介公開日:2014年01月07日(火)   カテゴリ:保育園の新築
みつばち保育園

- 保育園の新築 -  

みつばち保育園

みつばち保育園は24年間の京都市昼間里親としての保育実践をもとに、認可運動を経て、職員や保護者、「つくる会」会員の方々と話し合いを重ねて創りあげました。

みつばち保育園

事例紹介公開日:2012年05月30日(水)   カテゴリ:保育園の新築
城南保育園

広々とした吹抜けのある玄関ホール。登園してくる子ども、2階の保育室から降りてくる子どもたちを迎え
るように、厨房をもっと開きたい。
スチームコンべクションの導入に伴ったもう1つのコンセプトです。

城南保育園

事例紹介公開日:2012年05月14日(月)   カテゴリ:保育園の改装
吉田山保育園

保育室・・・テーブルを出して食べる、布団を敷いて寝る、おもちゃを広げて遊ぶ、着替える、・・・保育室は、1日の
内に何度も場面展開されます。小さなサンルームが出来たことで、場面分けにゆとりが生まれました。

吉田山保育園

事例紹介公開日:2012年03月22日(木)   カテゴリ:保育園の改装
西七条保育園

- 保育園の新築 -  

西七条保育園

平成2 1 年度老朽改築工事の補助金を受けて、定員を1 2 0 人から1 5 0 人に増やし、建て替えられました。 昭和4 0 年以来の保育実践を基礎として、どんなあたらしい「にしなな」をつくるのか、職員・保護者・O B の皆さん達と議論を重ねてきました。

西七条保育園

事例紹介公開日:2012年03月05日(月)   カテゴリ:保育園の新築
つわぶき園

「広い園庭がほしい、各保育室では、食べる・寝る・遊ぶところを分けたい、食堂もほしいな」・・・職員みんなで何度も何度も計画案を見直し、工事が始まっても最後の最後まで検討を重ねながら出来ていきました。

つわぶき園

事例紹介公開日:2008年11月07日(金)   カテゴリ:保育園の新築
宝塚ひよこ保育園

 認可保育園の開園をめざした「宝塚ひよこ共同保育所」とのお付き合いが始まったのは2002年の秋でした。
ところが思うような土地がみつからず、停滞期間を含め土地探しに3年の歳月を費やしました。最終的に見つかった敷地は、武庫川沿いの国有地を挟んだ南向きの土地で道路面より1階分下がっているため、通路橋を架けて2階を玄関にしました。

宝塚ひよこ保育園

事例紹介公開日:2007年04月07日(土)   カテゴリ:保育園の新築