ホーム > 事例紹介 > 住まい > 住まいの改装・増築 > "震災を乗り越えた家を心地よい「終の棲家」へ..."

事例公開日:2011年04月07日(木)
2011年03月 竣工 - 兵庫県宝塚市 - 住まいの改装・増築

震災を乗り越えた家を心地よい「終の棲家」へ...


設計・施工概要

工事種別住まいの改装・増築
所在地兵庫県宝塚市
構造
規模2階建て
延べ床面積124.25 ㎡
施工者(有)あかい工房 [ WEB ]
竣工2011年03月

設計プランについて

Tさんの家は宝塚の高台にあります。震災直後、被災されたお母様と同居するために隣接して別棟を建築されました。

以後、母屋は2階を従来どおりに寝室として使いつつ、お母さんが亡くなられた後も主な生活は新しい別棟に移ったままでした。

今回、1階部分の全面改修によって耐震性能を向上させること、バリアフリー化、床暖房の導入や、設備機器の入れ替えにより、築33年の母屋を快適な生活の中心に復活させることが改修の大きな目的でした。

プランでは、風通し、温かさ、外部とのつながり(特に畑)、それぞれの収納の有り様、台所の位置については随分検討を重ねました。また、木童に勤めるお嬢さんのご意向でいろんな産地の木材や板材を使用しました。

普段は統一感を求めて単一な材料で仕上げる事が多いのですが、適材適所に色々な木を使った楽しい家づくりになりました。

[ 居間 ]  キッチンに立てば居間、テラス、外の畑まで見渡せます。
[ 居間 ]  キッチンに立てば居間、テラス、外の畑まで見渡せます。 

[ 居間からテラス ]  フルオープンに出来るサッシの向うは、段差なしに出られる広めのデッキ。から松を使いました。
[ 居間からテラス ] フルオープンに出来るサッシの向うは、段差なしに出られる広めのデッキ。から松を使いました。 
[ DK ]  キッチンに立てば居間、テラス、外の畑まで見渡せます。
[ DK ] キッチンに立てば居間、テラス、外の畑まで見渡せます。 
[ キッチン ]  国産の胡桃を扉材に使ったキッチン。徳島の指物師の方に作ってもらいました。ステンレスの天板も重厚です。
[ キッチン ] 国産の胡桃を扉材に使ったキッチン。徳島の指物師の方に作ってもらいました。ステンレスの天板も重厚です。 

[ トイレ ]  水廻りの床とトイレの壁にヒバを使いました。殺菌、消臭効果があります。
[ トイレ ] 水廻りの床とトイレの壁にヒバを使いました。殺菌、消臭効果があります。 


住まい - 最新10件