ホーム > 事例紹介 > 住まい > 住まいの改装・増築 > "引き継がれる町家"

事例公開日:2012年05月23日(水)
2007年03月 竣工 - 京都市 上京区 - 住まいの改装・増築

引き継がれる町家


設計・施工概要

工事種別住まいの改装・増築
所在地京都市 上京区
構造木造
規模2階建て
延べ床面積116.32㎡
施工者乾建設
竣工2007年03月

設計プランについて

I 邸の敷地は間口4m× 奥行き30m、典型的なうなぎの寝床です。もともと借家として建てられた築約100 年になる町家です。

風呂釡の底が抜け、床が傾き老朽化が進んでいました。

古物商を営まれていたおじいちゃんが亡くなられたのをきっかけに家の建て替えを検討されていました。相談を受け建物を見せていただくと、確かに傷んではいますが、構造材はしっかりしています。建て替えると今よりもっと間口の狭い

建物になってしまうことや、お父さんは、自分が生まれ育ったこの家に深い愛着を持っておられることもわかりました。
 
こうしたことからI邸は壊されずに息を吹き返すことになりました。母屋は、通り庭を部屋に取り込み階段を掛け替えました。また、離れを増築し渡り廊下でつなぎ、坪庭をつくりました。
 
解体をしてみると思いのほか傾いており、土壁が落ちているところや水漏れの後、柱や梁が腐っているところなどもたくさんあり、構造材の補強や取替え、床の傾き調整などをしました。

施工は大変難しい技術が必要とされますが、こうした仕事を通じてこの町家は次の世代に引き継がれていきます。

[ 食堂 ]  庭に面した座敷が食堂になりました。梁を掛け替 え2 階の杉床板を表し天井にしています。坪庭か ら柔らかい日差しが差し込みます。
[ 食堂 ]  庭に面した座敷が食堂になりました。梁を掛け替 え2 階の杉床板を表し天井にしています。坪庭か ら柔らかい日差しが差し込みます。 

[ 外観 ]  通りに面した表情を一新しました。
[ 外観 ] 通りに面した表情を一新しました。 
[ 玄関 ]  表の土間は今まで通り玄関であり、 バイク・自転車置き場になります。 表の建具を、引き違いガラス小窓 のついた3 枚引き込み千本格子と しました。使われていた石を土間 にあしらっています
[ 玄関 ] 表の土間は今まで通り玄関であり、 バイク・自転車置き場になります。 表の建具を、引き違いガラス小窓 のついた3 枚引き込み千本格子と しました。使われていた石を土間 にあしらっています 
[ 居間 ]  掘りごたつを計画しました
[ 居間 ] 掘りごたつを計画しました 

[ 階段吹き抜け ]  トップライトから 落ちる光が曲がっ た側柱とうねった 土壁を優しく映し 出します
[ 階段吹き抜け ] トップライトから 落ちる光が曲がっ た側柱とうねった 土壁を優しく映し 出します 
[ 2 階のトイレ ]  建具に既存の舞良戸を使 いました
[ 2 階のトイレ ] 建具に既存の舞良戸を使 いました 
[ 渡り廊下 ]  
[ 渡り廊下 ]  

[ 離れ ]  六畳二間つづ きになっています
[ 離れ ] 六畳二間つづ きになっています 
[ 坪庭 ]  ささやかなスペースですが緑が効いています
[ 坪庭 ] ささやかなスペースですが緑が効いています 

住まい - 最新10件